Mail







   
1957年、カロッツェリア・ヴィニャーレ
のイタリア在住の顧客のために考案
されたシトロエン。この特別なシトロエン
DS19はヘッドライトやボンネット上の
エアスクープなど興味深い点がいくつ
かある。こうした変更を加えることで、
フェンダーやボンネットのラインをより
低く抑えることに成功している。
2トーンの塗り訳は957/1959年
の特徴でもある。
  メドー・フリスキーのためにミケロッティが
描いたオリジナルデザイン。
ヴィニャーレとメドーのバッジ、そして
ミケロッティのサインが見て取れる。





 
 
       
   
1972年にミケロッティが手がけた
このデザインは、ミニ・マイナーを
大型化したクルマ(開発コード名
はADO74)用の提案。
ミケロッティはクレイモックアップ
も製作した。 
  1951年のトリノ・ショーに出展された
フェラーリ195インテル。
ミケロッティがギヤのために手がけた
デザインは10台ほどのフェラーリ195
インテルに実際に使われた。 

 
       
   
 ミケロッティがNARTのために手がけた
デザインのひとつ。
このフェラーリ365GTB/4キネッティ・
スパイダーは1979年に作られた。
1980年に他界するジョヴァンニ・ミケロッティ
最晩年の1台でもある。


  ミケロッティがランチア・アッピア・
コンバーチブルのために手がけた
デザイン。ヴィニャーレが製作し、
ランチアがそのディーラーを通じて
販売した。1957年から1961年まで
生産された。シリーズ2まである。
シリーズ1は2座で、シリーズ2は
2+2だった。 
 
     
     
1974年にランチア・ベータ・ベルリーナの
シャーシを使ってミケロッティで作られた
"ミザール"。ドアは4枚ともガルウィング
タイプで、デザイナーは多大な困難に
直面した。発表は第55回トリノ・ショー。








  日野コンテッサ900スプリントのために
ミケロッティが手がけたオリジナル・
デザイン。プロトタイプは1962年の
トリノ・ショーで発表された。プロトタイプ
用のエンジンはナルディによってボア
拡大とチューニングが施され、983cc
から45PS/5500r.p.m.を発揮した。
コンテッサ・スプリントは日本のメーカー
用にミケロッティが手がけた2つめの
ものだった。ひとつはミケロッティが
デザインしてアレマーノがボディを
架装したプリンスのスカイライン・
スポーツだった。
 
       
     
ヴィニャーレとミケロッティがゴルディーニ
の"V12"用に提案したプロポーザル。





  スタビリメンティ・ファリーナのために
ミケロッティが手がけたデザイン。
このデザイン案は戦時下の1944年
に描かれた。ミケロッティが1946年
に使った新しいアイディアをいくつか
見てとることができるだろう。
 
 
       
   
これはスタビリメンティ・ファリーナが
アルファ・ロメオ"2500SS"を想定して
企画していたクルマ用にミケロッティ
が描いたもの。1937年から1947年
までの10年にわたって、ミケロッティ
はスタビリメンティ・ファリーナで働い
ている。1947年にフリーランスとなる
が、その歩みだしをアッティリオ・ファリ
ーナが助けたのだった。
  トライアンフ"ボブキャット"プロトタイプ
のための4番目のプロポーザル。
ミケロッティはひとつのプロジェクト
に対し同時にいくつもの提案をする
のが常だった。例えバスピットファイヤー
用には4番目のプロポーザルが採用
された(スピットファイヤー4と呼ばれる
所似)。このボブキャット用の第4案は
採用されなかった。
 
       
   
フェラーリ340メキシコのために描かれた
最初のスケッチ。コーチビルドは1952年、
アルフレッド・ヴィニャーレによって行われた。
No.0228ATのシャーシを使ったこのクルマ
は、本来の目的であったカレラ・バナメリ
カーナを走ることはなかったが、ウィリアム
・スピアの手によってアメリカで長いレース
・ヒストリーを築き上げた。
  マトラ・ラセル用に描かれたオリジナル
デザイン。この原案にある前後フェン
ダーの曲線的なデザインは最終的な
プロトタイプには生かされなかった。



 
 
       
       
       
       
       

 Design/デザイン
 Story/物語
 Planning/プランニング